家庭菜園レポート 2014/03

結局2月はあまり畑には変化がなく、3月ももう終わろうとしている。

やったことといえば、カツオ菜がとう立ちしてきたので全部収穫したことと、寒起こしというのに初めて挑戦。
寒起こしは寒い時期に土を掘り起こすことで、地中にいる寄生虫やその他悪いものを寒さに晒して殺してしまうというやつで、何も植えていないところをせっせと掘り起こしてどばーっとやっておいた。
その後、いつものように牛糞とカキ殻のシーライムを混ぜ込んで土づくりを行い、夏野菜の植え付けに備えた。


育成中の野菜の状況は、島にんにくホーム玉ねぎは暖かくなるにつれて成長を再開。
今のところ問題もなくすくすくと育っている。
ソラマメは、寒冷紗をかけていた下からアブラムシが侵入していたようで、暖かくなって寒冷紗を外したらアブラムシのコロニーができていた。

ベランダのソラマメよりも成長が遅い。本のままに寒冷紗をかけてたんだけど、寒冷紗って防寒とあわせて日除けの効果もあるみたいなので、日光が不足して成長遅くなっちゃったのかもしれない。無事収穫できますように!
これから植えるために、ベランダで種からズッキーニの苗を育成しているが、まだ芽が出ない。そして買っておいたじゃがいもの種芋がしおしおになってしまった。
植えどきを逃してしまったかも。前回発芽率が悪かったので、今回はしっかりそだてたいところだが・・。
とりあえず、4月は夏野菜を植え付ける。

今回はマルチフィルムを試してみようと思う。ルーチンでやるよりいろんなことを自分でやって見るほうが楽しいし。失敗したらそれはそれで次に生かせるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA