家庭菜園レポート 2014/02

冬野菜はそろそろ終わりで、聖護院かぶもトウ立ちしてきたのですべて収穫。
かぶを植えてわかったことは、たくさん種をまいても大丈夫。間引き時に植え替えもできる(少し育ちは遅くなる) 追肥はほとんどいらない。初心者でも非常に育てやすい野菜だった。

かつお菜は、ちょっと植えすぎたままになっていて、大きくはなっていないのだが
随時外側の葉っぱを収穫して食べる感じで。もうしばらく楽しめそう。
島にんにくホーム玉ねぎは順調。草取りと土寄せをした。
ソラマメは、寒冷紗をかけているので寒さ的には問題ないのだが、九州で寒冷紗をするとどうも暖かくなりすぎるようで、一株もう花が咲いていてちょっと早過ぎる感じ。

しかも予想より大きくなりすぎていて、トンネルの天井に引っかかってしまってる。どうしよう。とりあえずは様子見で。
2月になったら人参水菜を植えれそうなんだけど、じゃがいもの準備もあるしで区画をどうしようか検討中。

2年目の畑はいろいろな苗を植えてみたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA